かうんたぁ

現在の閲覧者数:

プロフィール

ますごん

Author:ますごん
♪遊びにきてくれてありがとう♪
子どもは8才&4才の二人兄弟の母ちゃんです。
うちの家族は私以外犬も含めて皆男!!です。
近所に は緑一杯の大きい公園があります。
6月に引越しました。ここも近所に緑一杯な所あり。
1号の時から幼稚園には行かずに親子で
室内&公園で1日群れ遊びをするグループに参加しています。
なので今は、2号とますごんは週3日公園巡りしています^^
++当サイトはリンクフリーです♪よろしくね++

最近のコメント

コメントありがとうございます♪嬉しいです☆

ますごんだよ

最近のトラックバック

最近の記事

里親募集♪

うちの犬は愛護センターから連れてきました。

※犬、猫を家族に迎えたい皆さん、ペットショップに行く前に、一度考えてみて下さい。カワイイ子達が家族になりたいとあなたを待っています。

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2 アクセス解析

アンケート

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索ツール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み聞かせの話し

かあちゃん、よく1号&2号に読み聞かせをしている。

1号が1才の頃からずっとだからかれこれ6年くらいになる。
二人ともこのひとときが大好きで、ちょっとした時間に読むとじーっと聞き入り
こちらがストップをかけるまで、次から次に本を持ってくる。

 1号の小さい時は話しの流れに関係なく、「ぞうだねー」「らいおんだねー」「車だねー」と見たものを話してたり、適当に話しを作ったりしないと、気ままにページをめくる1号に追いつけませんでした。
(いまは2号がこの状態)

だんだん1号は大きくなるにつれて長い話しも聞いていられる様になって、自分で持ってくる本も長い話しになってきました。

今ではこちらの体力の限界が来るまで聞いているから、長い話しの時は母ちゃんが根気負けして続きはまたねとやっている。
 
 もちろん1号自身は自分で黙読したりするのは好きで、よく読んでいたり、絵を眺めて本の世界を散歩している。
 字を知らない4才の頃から長い時間絵本を眺めていたので、何を思ってみているのか、1号の頭の中を割って覗いてみたいなぁーとおもっていたもんだ。
 
そんなこんなで、毎日の様に本を読み聞かせているが、つい最近下の本に出会い、かあちゃんの読み聞かせの転機(おおげさな…)がおとづれた。

じごくのそうべえ・桂米朝・上方落語・地獄八景より (童心社の絵本)じごくのそうべえ・桂米朝・上方落語・地獄八景より (童心社の絵本)
(1978/01)
田島 征彦


実は、かあちゃん、この本の存在をずーと気になっていましたが読む機会を逃していて今に至っていました。先日やっと読みました。
落語の話しが元なので、テンポの良い文章で、聞いていた1号も大爆笑!
関西弁で、読み手のかあちゃん(大阪生まれ&育ち)ものりのりでよめました。
読んでいてめっちゃたのしかったです。



■ここからはぐだぐだと書いています。あんましまとまりないと思います。求む文才■

【“読み聞かせの話し”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。